初心者むけ情報 Archives | 初めての人向け 指輪を手作りする方法

HOME » 初心者むけ情報

初心者むけ情報

結婚指輪を購入するタイミングはいつ?

プロポーズが成功したら次は!?

プロポーズが成功すれば、次は結婚に向けての準備になります。結婚の準備は大変で、想像以上にバタバタするでしょう。結婚の準備で最も大変なのは、結婚指輪。一生に一度のものになるからこそ、絶対に失敗できないプレッシャーがかかります。
では結婚指輪は、どのタイミングで用意すれば良いのでしょうか。結論を先に述べたら「夫婦による」としか、言いようがありません。答えらしい答えになっていのには、理由があるのです。
≫ 『結婚指輪を購入するタイミングはいつ?』

結婚指輪!それぞれの形

指輪の種類が多すぎるけども…

結婚指輪を取り扱っているブランドは、世界中にたくさんあります。高級ブランドから、知る人ぞ知るブランドまで勢揃い。数多くのブランドから、夫婦にとって1つの結婚指輪を選ぶのは大変な作業です。
結婚指輪の種類は、ものすごい数です。しかし、形に重点を置くと3種類しかありません。万単位の中から選ぶのは難しいですが、3種類の中から選ぶのはできるでしょう。
≫ 『結婚指輪!それぞれの形』

20代でチャレンジしたい結婚指輪手作り!

手作り結婚指輪に挑戦!

20代の若さ溢れる年代であれば、結婚指輪は自分達で手作りしたいと考えていることでしょう。店で購入したものではなく、手作りの結婚指輪は愛着が湧きます。「自分達で作った」という自信にもなりますので、後の結婚生活にも大きな影響を与えてくれるでしょう。
ただ問題は「本当に作ることができるのかどうか」です。プロの指輪職人ではないのならば、かなりのハードルの高さでしょう。
≫ 『20代でチャレンジしたい結婚指輪手作り!』

結婚指輪を手作りする前に考えたいこと

結婚指輪を手作りする前に

結婚指輪を手作りする前に、結婚指輪の意味について考えてみましょう。指輪を手作りする方法は、色々あります。専用の工房に行けば、超本格的な結婚指輪も手作り可能。仕上がりはブランドのショーウィンドウに並んでいても、違和感がないほどです。
ただどんなに素晴らしい結婚指輪であっても、単に「オシャレのために」となると意味がありません。オシャレのために結婚指輪を手作りするのなら、いっそのこと店で購入した方が早いです。
≫ 『結婚指輪を手作りする前に考えたいこと』

手作り結婚指輪にダイヤを入れよう!

結婚指輪にダイヤを入れる

結婚指輪を手作りするのなら、ダイヤモンドを思い切って入れてみたいものです。ダイヤモンドは地球上で最も硬い鉱物です。ダイヤモンドを割るには、ダイヤモンドを使うしか方法がないと言われているほど。つまり2人の愛はダイヤモンドのように固く、何があっても絶対に崩れない証です。
しかしダイヤモンドの価格はかなりのもの。中には「ダイヤモンド入りの結婚指輪を手作りするのは難しいのでは」と、思われる方もいらっしゃるでしょう。
≫ 『手作り結婚指輪にダイヤを入れよう!』

指輪を手作りする方法!入門編

手作りって難しそう

「自分らしい指輪を直接手作りしたい」という気持ちを強く持っていても、実現はかなり難しいです。特に今まで指輪を手作りしたことがない人なら、なおさらでしょう。そこで、初めての人に向けて、指輪を手作りする方法をご紹介。
結論を先に述べると、指輪を手作りする方法は無限大にあります。それぞれにやり方は大きく変わり、平均予算も違います。
≫ 『指輪を手作りする方法!入門編』

生まれてはじめての結婚指輪!どうすれば良い?

初めての結婚指輪に挑む人へ

生まれてはじめての結婚となったら、当然ながら結婚指輪の手作りも「生まれてはじめて」でしょう。「結婚指輪は金属から作る」というのはなんとなく理解はしていても、具体的にどうやって作るのかはわからない状態にあるかと思われます。
そこで初めての人に向けて、結婚指輪を手作りする方法についてまとめました。
≫ 『生まれてはじめての結婚指輪!どうすれば良い?』

指輪をゼロから作る

手作り指輪体験はなかなかできない

指輪をゼロから手作りした人は、そこまで多くはないと思います。女性ならば、小さい頃にテグスとビーズを使って指輪を作った人は多いでしょう。中には花を輪っかにして、天然の指輪を作った人もいらっしゃるかと思います。
でも金属を使って、本格的な指輪作りとなると経験者は少なくなるでしょう。指輪の手作りは滅多にできない貴重な経験だからこそ、忘れられない思い出になるというものです。ペアリングを一緒に手作りして、恋人同士の思い出を作り上げましょう。
≫ 『指輪をゼロから作る』

結婚指輪の手作りって実際どうなのか?

結婚指輪の手作りは流行っているけども

結婚指輪の手作りが気になっていても、実際のところはどうかはわかりません。一生に一度の結婚指輪だからこそ、確実なものを手にしたいもの。
そこで手作り結婚指輪についての、実際の所を深堀りしてみました。忖度なしの毒舌付き!ぜひ参考にしてみて下さい。
≫ 『結婚指輪の手作りって実際どうなのか?』

工房に行って手作りするのが一般的

初めてでも安心して手作りができる

なんでも初めて行う場合には、期待と同時に不安もあるはずです。
それは結婚指輪を手作りするときも同じでしょうが、どのようにして作業をするのか、どこで作業ができるのかを知っておけば、不安は取り除けるでしょう。

そこで初心者でも安心して結婚指輪を手作りできるように、流れを説明していきたいと思います。
結婚指輪を手作りする方法は2つあるのですが、1つは自分で全て道具や素材を揃える方法なので、あまりおすすめはできません。

それに対してもう1つの方法は、工房と呼ばれている指輪を手作りする専門店に行くことで、結婚指輪を手作りすることができるのです。
工房にはベテランの職人がいるので、初心者であっても指導をしてもらいながら結婚指輪を手作りすることができるのです。

ただし、工房によってどこまで手作りができるのかが異なりますし、選ぶデザインによってもどこまで手作りするのかが変わってきます。
最初から最後まで手作りできるところもありますし、一部分だけ自分たちで行い、後は職人が仕上げてくれることもあります。
≫ 『工房に行って手作りするのが一般的』